ノンケのちんこ

むかーしの話なんだけど、ゲイの先輩に呼ばれてゲイのパーティーに行った時に、「ノンケのちんこ見たい!」と誰かが言いだして・・・
それで、下半身披露しちゃったことあるんだよね。
酔ってたから、俺もなんかノリノリで、「ノンケのちんこでーす」とかはしゃいでやっちゃったんだけど・・・
後からその誘ってくれた先輩からこっぴどく叱られた。
「お前があんなバカな真似する奴だとは思わなかった」って。
俺も言い訳はしたんだよ?
「だって、誰かがノンケのちんこ見たい!とか言いだしてたじゃないですか。やっぱりあそこで盛り上げ要員としては、出て行かざるをえないっていうか」って。
ノンケのちんこ
「その気持ちはありがたいけど、あそこまでする必要ないだろ」って。
確かに、あの時、先輩がいなかったら犯されていたかもしれない。
誰かが「舐めてもいい?」なんて言いだしてた矢先に、先輩が俺を引っ張って「お前、酔いすぎだ」って外に連れ出してくれたから、助かったようなものの・・・。
だって思わないだろ、ノンケのちんこごときであんなにパーティーの雰囲気が「うわっ」ってなるくらいに殺気立つなんて・・・。
「こんな場所に不用意にノンケのお前を誘っちゃった俺も悪いけど・・・」って先輩も謝ってたが・・・
いや、そのノンケのちんこ辺りまでは、すごい楽しかったんだよ?みんなで和気あいあいって感じで。
ゲイもノンケもどっちでもいいよね~、みたいな一体感感じてたし。
だけど、決定的な一線だったんだろうね、あのノンケのちんこが・・・(笑)
クリ責め
クリ舐め

ノンケのちんこ

猛烈に背中から腰にかけて張りを感じていて、こりゃボディマッサージ受けないと死んでしまうと思って、仕事帰りに手ごろなマッサージ屋に入りました。僕は結構なパワーマッサージでないと全く効かない体の硬さであり、マッサージは男性に限ると思っています。
そのマッサージ屋で僕を担当してくれたのがマッチョな野生派で、見るからにパワフルでした。「お客さん、かなり凝ってますね。ちょっと強めにします」と力強くもみほぐしてくれました。僕史上、最も効いたマッサージかも知れません。そして、それ以来、そのマッサージ屋は僕の行きつけになりました。もちろん、マッサージ師にはその男性を指名しました。
しばらく通ううちに彼とも親しくなりあれだけきつかった体も今ではすっかり柔らくなって快適になりました。ところが、ある時期から妙なことに気づきました。マッサージ中に勃起するようになったのです。例えば、女性マッサージ師によるオイルマッサージでうっかり勃ってしまうことは、男性としての不可抗力だと思います。しかし、男性に体に触れられて勃ってしまうとは普通ではありません。だいたい、僕はノンケです。ノンケのちんこが同性のマッサージで感じてしまうものなのでしょうか。確かに、マッサージ師の彼は精悍なイケメンではありますが、性的対象ではありません。
出会い系のノンケ
僕は、こんな自分が恥ずかしくて彼に悟られないように必死でノンケのちんこを鎮めようとしましたが、自分の力でどうにかなるものではありません。その内に体を仰向けにされて、僕の勃起は白日の下に晒されました。すると彼は言いました。
「ああ、気にしないでいいですよ。脳が気持ちよさを誤解して意思とは関係なく股間を勃たせてしまうことはありますから」
彼の言う通り、どうもほぐれた体の気持ち良さにちんこが反応してしまっただけらしいです。もしかしたら、自分はゲイなのでは?と疑った自分が恥ずかしい限りでした。すると、安心して胸を撫で下ろしている僕に彼はさらに言いました。
「ご希望ならここもマッサージしましょうか?」
逡巡の末、彼の申し出を僕が受けたのはここだけの話です。
フェラ友
ノンケ動画

筆おろしアプリ

 19歳の大学生です。
初体験をするために利用した筆おろしアプリで、知っている顔と出会ってしまいました。
当初は、メチャクチャ気まずかったのですが、いざ関係を持ってみると、この世のモノざる至福の一時が待っていたのでした。

 通っているのは工業大学です。
ほぼ男だけの世界です。
男だけの世界で生活をするとどうなるか?
女の子が周囲にいないから、欲求不満になります。
とにかく出会いのチャンスがない。
女の子と接する機会がないから、接し方がよく分らない。
こんな弊害まで出てしまっていたのでした。
大学に入ったら直ぐセックスを経験したいと思っていましたから、出会いのないのを打破するために筆おろしアプリを使ってみようと思いました。

 筆おろしアプリで順調なやりとりになったのは、31歳の熟女でした。
独身で、結婚経験がなく、子供もいないと話していました。
仕事のストレス解消に童貞に初体験をさせるのが楽しみだと言っていたため、自分にピッタリのお相手でした。
順調な交流が進み、とりあえずお茶だけでもということで、誘い出すことにも成功しました。
デートすらすることがない自分ですから、アポに承知してもらった時は、本気の悦びを感じてしまいました。
熟女のセフレも作ることが出来て童貞だった僕に2人のセフレ

 これが困ったものでした。
筆おろしアプリで知り合った熟女なんだけど、知っている人だったから。
なんで事前に顔確認しなかったかなと、ものすごい反省でした。
待ち合わせした人、バイト先のパート熟女でした。
お互い顔を合わせ、目が点でした。
お茶飲みながら気まずい沈黙。
「やっぱり、まずいですよね知り合いって・・」
自分が言ったら首を振るんです。
「逆に知っている人だから、安心感もあるしね、完全に秘密にしてくれるんなら、付き合ってもいいんだよ」
「へ?」
「初めて経験したいんでしょ」
「はい」
「それじゃ、私の体を貸してあげるから」
この流れは、さすがに読めませんでした。

 バイト先のパートの熟女とホテルの中に入りました。
異性として意識したことはなかったのですが、ホテルに入ったことで、それが変わりました。
女体と言う強烈な存在に、完璧な野生の目覚めを見てしまったのでした。
自分が童貞だと言うことも忘れ、熟女に飛びかかってしまっていました。

 結果的には、確かに良かったのかもしれません。
無事に挿入して童貞卒業もできたばかりか、それから月に何度もホテルで関係を重ねるようになっています。
恋人じゃないんですけどね。
純粋な大人のお付き合いを、バイト先の熟女と継続してしまっています。
プチ援業者
プチ援

神待ち掲示板

神待ち掲示板に書き込みしたけど、反応まるでなし。
やっぱり、若い子じゃないとダメなんだなーって思った。
今、私、ネットカフェで寝泊まりしてるんだけど、お金続かないでしょ?
これ以上貯金崩すこともできないし、かといって頼れる人・・・頼っても気持ち的に重くない人ってなかなかいなくて。
女で30で、無職、ネットカフェ暮らしなんて、最底辺の女、神待ち掲示板じゃなくても誰も相手にしたくないよね。
自分だって、ちょっと前は仕事してて、ネットカフェで寝泊まりなんてサイアクって思ってた。
っていうか、他人事だと思ってたんだよね。
それが自分の身に降りかかるなんて思ってもみなかった。
しかも神待ち掲示板ですら相手にされない・・・。
家出掲示板
最近、寝られないんだよね。だから、1日頭ぼーっとしちゃって。
そろそろ限界なのは自分でも分かってるの。なんとかしなきゃって焦ってばかりで空回りで、心配や不安で頭は冴えてきちゃって寝れない。
ゆっくりお風呂に入りたい、お布団でちゃんと寝たいって考えると涙出てきちゃうの。
神待ち掲示板で問題が解決するとは思ってないけど、やっぱりちょっとは気分転換になるかなと思ったのね。
お風呂に入れて、ベッドで寝られるだけで、大違いだと思うの。
私、親ももうずっと疎遠だから、今さら失業して無職、貯金も尽きかけてる状態で帰れないよ・・・。
思い切って、実家に帰る?って考えることもあるけど、やっぱり無理。
親に頼るくらいなら野垂れ死にした方がマシってまだ思えるくらいのプライドはあるのよね。
オフパコのやり方
スカイプちゃんねる

34歳人妻パートのイククル日記

私は結婚して5年目ですが、30代を過ぎて驚いたことがあります。
それは、夜の生活に対する欲求が20代と比べて高くなったことです。
夫に迫ってもみるんですが、悲しいことに相手にしてもらえません。
どうやら、男女は年齢を重ねるごとに、性欲が反比例していくようですね。
でも、これからずっと今の状態が続いていくのだと考えると、ストレスだってたまります。
こうなったら勇気を出して、出会いサイトに登録してみようと思いました。
出会いサイトがたくさんあるので、登録無料なサイトはひととおり登録したと思います。
いろいろ使ってみて一番使い勝手のいいサイトはイククルでした。
登録している女の子も若くて元気な子が多いようですし、プロフの3Dアバターもかわいく設定できるのが個人的にはよかったです。
登録してすぐにプロフを作るんですが、一日でたくさんのアプローチをされたのは驚きでした!
来るメールはメル友からセフレ希望の方までさまざまです。
他にも若くてかわいい子がたくさんいるので、「歳だからうまくいかないかもなあ」と思っていたので意外でした。
どうやら、「人妻 出会い」というキーワードが男性にとって魅力的だったらしいのです。
マイナスポイントだと思っていた人妻という特徴がこんなところで生きて、そのときは自分に自信がもてました。
わたしが出会いのためにイククルでよく利用した機能はチャットです。
女性は無料で使えるので、家事の空いた時間などを利用していろんな人妻好きの男性との会話を楽しみましたよ。
趣味の話からエッチな会話までして、「会ってみたい」と思える男性が数人出てきました。
直メを交換し合って、家から近くの方から会ってみることにしたんです。
最初は「本当に来てくれるのか」とか、「会って幻滅されるんじゃないか」とか不安にもなったんですが、みなさん約束通り会いに来てくださいました。
今では人妻好きのセフレが3人できて、月に交換しながら会っています。
…夫には秘密ですけど、夫に「最近きれいになったね」なんて言われてしまってドキドキしてしまいました。

22歳女子大生の割り切り日記

この間割り切りが彼氏にばれてしまって、ふられてしまいました。
いい年こいてって言われそうで怖いですけど、やめられないんです。
彼氏もずっといましたから恋愛ができないとかっていうわけではないんですけど、割り切りのあとくされなさの関係が好きでやめられないんです。
私は大学生になってからはじめて割り切りをはじめたので、まだ1年くらいなんですけど。
彼氏と付き合っているとお金もかかるし、優しい彼氏だけど、それだけだとなんかつまらないって感じてしまってたんです。
そんなときに掲示板でそーゆー関係があることを知ってドキドキしながらやってみたんです。
怖いとは思ったんですけど、罪悪感とかはなかった。
はじめてでもなかったから、バイト感覚かなって言い聞かせてました。
あとは一回やって、なんだこんなもんかっておもっちゃうとあとはずるずるって感じです。
はじめはデート用に新しい服を買うためってやってたけど、彼氏とうまくいかなかったりするとすぐ割り切りしてお金ももらって体のバランスとって。
割り切りしてから彼氏と会ったりするようにもなっていました。
知らないうちに金銭的にと精神的な安定まで求めてしまっていて。
割り切りははじめて会う人ばかりなので素の自分でいれるんです。
だから演じなくていいというかストレスの発散になるんです。
結局彼氏にもみつかってふられちゃったので上手くいかなかったけど。
これからもストレス発散のバイト感覚で続けます。